MENU

情報発信ブログ|さいたま市の歯医者|マスダ歯科医院

情報発信ブログ

3月予定表

こんにちは。
さいたま市 東大宮駅すぐの歯医者 マスダ歯科医院です。

先日の大雪とは打って変わり、今度の3連休は春のような暖かさになる予報とのこと。そんな中、新型コロナウィルスやインフルエンザの流行が続いておりますね。

マスダ歯科医院では感染症対策を強化して通常診療を行っておりますが、発熱やのどの痛みなど体調がすぐれない場合はお電話にてキャンセルのご連絡をお願いいたします。ご予約の調整・変更は行き違いがあるといけませんのでお電話のみの対応とさせていただいております。

それでは、2024年3月の診療予定をご案内いたします。

なお診療予定は当院ホームページのフッター部分にあるGoogleカレンダーでもご覧いただけます。
↓  ↓  ↓
当院の新着情報・カレンダーはこちら (クリックして3秒ほどお待ちください。移動します)

インプラント・矯正治療なら東大宮のマスダ歯科医院へご相談ください。

人間工学に基づいたポルシェデザインのユニットを第1オペ室と第2オペ室に導入いたしました

こんにちは。
さいたま市 東大宮駅すぐの歯医者 マスダ歯科医院です。

2月より第1オペ室と第2オペ室のユニットが新しくなりました。
スポーツカーで有名なポルシェのデザインスタジオ(Studio F.A.Porsche)でデザインされたもので、第1オペ室のシグノT500は2019年レッド・ドット・デザイン賞 プロダクトデザイン部門において最も優れたデザインに贈られる『ベスト・オブ・ザ・ベスト』を受賞。バックレストを倒しても、安定姿勢を自然に保持する独自設計。体圧分布を考慮したシートの採用で、体への負担をやさしく軽減。人間工学に基づいた快適形状が患者さんのチェアタイムをリラックスタイムに変えるというものです。


第1オペ室 シグノ T500


第2オペ室 シグノ T300

これらのオペ室での診療になった際には、ぜひその快適性を体験してみてください。

これからも、患者様のために進化し続ける医院を目指し、スタッフ一同がんばります!

インプラント・矯正治療なら東大宮のマスダ歯科医院へご相談ください。

第1・2駐車場の雪かき完了!お車お停めいただけます!

おはようございます。
さいたま市 東大宮駅すぐの歯医者 マスダ歯科医院です。

昨日の大雪で東大宮もすっかり雪で埋め尽くされておりますが、本日朝7時過ぎからドクターや衛生士などのスタッフが頑張って雪かきをしてくれました!
第1・第2駐車場はお車をお停めいただけます。出勤するのも大変な中、早朝から患者様のために尽力してくれたスタッフ達に感謝です。

 

お足元お悪い中、ご来院いただける患者様はお気をつけてお越しくださいませ。
なお安全を第一にお考えいただき、ご来院がご不安な方はお電話にてキャンセルのご連絡を承っております。なお当院では診療時間外や休診日には留守番電話を設定しておりますので、お電話が繋がらない場合は留守番電話にメッセージをお残しください。必要があれば折り返しご連絡させていただきます。

※お問い合わせメールの場合、受付とは別の部署での対応となり、受付に情報が伝わるのが遅くなる場合もございますので、当日キャンセルの場合は留守番電話にご連絡ただけると幸いです。

ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

インプラント・矯正治療なら東大宮のマスダ歯科医院へご相談ください。

2月予定表

あけましておめでとうございます。
さいたま市 東大宮駅すぐの歯医者 マスダ歯科医院です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和6年能登半島地震とJAL機衝突炎上事故により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。一刻も早い被災地の復旧を心からお祈り申し上げます。

それでは、2024年2月の診療予定をご案内いたします。
なお診療予定は当院ホームページのフッター部分にあるGoogleカレンダーでもご覧いただけます。

また第90回インプラント説明会2/17(土)12:30~開催いたします。
詳細はこちらをご覧ください。
↓ ↓
2/17(土)インプラント説明会のご案内

インプラント・矯正治療なら東大宮のマスダ歯科医院へご相談ください。

口腔インプラントに関する資格について

こんにちは。さいたま市 東大宮駅にあるマスダ歯科医院です。
今回は、口腔インプラントに関する資格についてご紹介していきます。

①歯医者さんはどうやって口腔インプラント治療を勉強するのか
一般的に口腔インプラント治療は歯科大学在学中にはほとんど学ぶことがなく、1年間の臨床研修医の過程を終了した後に勉強します。
そして、学ぶためには歯科大学病院の口腔インプラント科に入局する方法、医科大学病院や地域の医科病院の口腔外科に入局する方法、インプラント治療を得意とする歯科医院に入社する方法、独学で勉強する方法があります。
かつては独学で勉強する先生達が多く、小規模のスタディグループはあるものの、口腔インプラント治療の考え方、治療方法が“バラバラ”なことが問題となっていました。そのため、各スタディグループの代表者などが“学会”という組織をつくり、治療方法の画一化を図ってきました。とはいえ…その学会も1カ所だけではなく数か所あるのも事実で、これからの日本の課題とされています。

②口腔インプラントの学会はどんなものがあるの?
先ほど、数カ所あるとご説明しましたが、やはりメイドインジャパン!
(もちろん、院長は海外(ドイツ)にて、100症例+口頭試問のエキスパート試験合格、その後に300症例+口頭試問のスペシャリスト受験も合格していますが・・・海外の学会は数回出席するだけで資格認定など怪しいものがほとんどです)

 

日本国内を代表する学会としては
1)日本口腔インプラント学会<会員数;16,713名※2023.3.31現在>
専門医数1427名;指導医 名;認定衛生士648名※2023.11調べ
様々な学会、例えば日本口腔外科学会、小児歯科学会など分野によって、大きな学会がありますが、日本口腔インプラント学会の会員数は国内最大規模となります。資格には、専修医合格→専門医合格→指導医合格の順に上位資格となります。専修医合格するためには、学会公認の各スタディグループで100時間講習受講後、インプラント治療のケースプレゼンテーション試験に合格する必要があります。専門医は、学会発表やケースプレゼンテーション論文、筆記試験、自ら行った複雑な口腔インプラント20症例に対する口頭試問に合格する必要があります。指導医においては、主要論文5つ、学会筆頭発表、骨造成治療・全顎症例・審美症例など100症例の長期経過例に対する口頭試問3回など、資格取得にははるかに難易度が上がります。口腔インプラント治療後のメインテナンスにはかかせない歯科衛生士の資格として、長期間管理してきた症例報告と口頭試問を合格すると口腔インプラント認定衛生士の資格が取得できます。

2)日本顎顔面インプラント学会<会員数;1450名※2023.5.31現在>
専門医数91名※2023.11現在
いい意味で特殊な学会で、口腔外科を主としている歯科医師の口腔インプラント治療に対する学会です。もともと、口腔インプラント治療は、腫瘍の術後や外傷による顎の欠損、先天性欠損などにより、健康な生活が困難となった患者様に対する治療方法として確立されていました。そのため、専門的な口腔外科の技術を取得した歯科医師が求められ、この学会が発足されました。そのため、資格取得するためには口腔外科学会認定医以上で、かつ、病院歯科に常勤として所属、論文、発表、推薦など様々な条件がないと取得できない難関資格となっております。

③マスダ歯科医院と資格制度ついて
院長の増田一生は、埼玉医科大学総合医療センター歯科口腔外科の元助教で現在も埼玉医科大学総合医療センターの非常勤講師(スポーツ歯科外来施設責任者)・県立小児医療センター口腔外科担当医師として、歯科医師・スタッフの教育と資格取得に特に力を入れています。日本を代表する歯科医師を育てたいという理念のもと、マスタ歯科に入社した歯科医師には、インプラント学会公認の100時間講習を受講してもらい、インプラント学会の専修医取得まで、必ずサポートしています。現在、マスダ歯科入社した歯科医師で日本口腔インプラント学会の専修医を4名取得、さらに上位資格である専門医を1名輩出しております。また、歯科衛生士も日本口腔インプラント学会認定衛生士6名、日本歯周病学会認定衛生士1名、関連技工所では認定技工士1名(増田院長の指導・推薦)合格しております。
資格がすべてではないとは思いますが、資格取得のためには、提出する書類の文章作製ための日本語力が洗練されることや、口腔内だけでなく全身などの知識の再確認など医療人として多くを学ぶことができると考え、マスダ歯科では資格取得をとても大切にしています(by院長)。

ちなみに、マスダ歯科の増田院長の資格についても記載させていただきます。

日本口腔インプラント学会;指導医・専門医
日本顎顔面インプラント学会;専門医
日本口腔外科学会;認定医
日本スポーツ歯科医学会;指導医・専門医
国際インプラント学会;指導医
ドイツインプラント学会;スペシャリスト
※日本口腔インプラント学会教育委員会元役員

インプラントに関して、日本口腔インプラント学会指導医・顎顔面インプラント学会専門医を開業医で取得している歯科医師は日本でほとんどいないそうです。

毎年恒例マスダ歯科医院主催の若手歯科医師向け口腔外科インプラントセミナーでの一コマ

インプラント治療で何かわからないこと、聞いてみたいこと等ございましたら、いつでもマスダ歯科医院にご相談くださいませ。

(秘書;加賀谷)

1月予定表

こんにちは。
さいたま市 東大宮駅すぐの歯医者 マスダ歯科医院です。

今年も残すところ、あとわずかとなりました。
日中は異例のあたたかい日が続いておりますが、朝晩の冷え込みが厳しさを増してきましたね。

インフルエンザの流行が続いております。空気が乾燥し昼間との寒暖差が大きいと体調を崩しやすいので、マスクや手指消毒等の感染症対策はもちろんのこと、水分補給を心がけてあたたかくしてお過ごしください。

さて、2024年1月の診療予定表ができましたので、ご案内いたします。
年末年始の休診期間は12/27(水)~1/4(木)までとなっております。
年始は1/5(金)から通常診療となります。

なお診療予定は当ホームページのフッター部分にあるGoogleカレンダーでもご覧いただけます。

インプラント・矯正治療なら東大宮のマスダ歯科医院へご相談ください。

2/17(土)インプラント説明会のご案内

こんにちは。
さいたま市 東大宮駅すぐの歯医者 マスダ歯科医院です。

第90回インプラント説明会を2/17(土)12:30~開催いたします。

インプラントをやるやらないにかかわらず気楽に参加していただいております。説明会に参加したからといって治療をおすすめするものではございませんのでご安心ください。

説明会当日は個別のご相談に対応させていただく時間は設けておりませんので、ご相談の場合は別途診療のご予約の上、承ります。
お電話にてご予約を承っておりますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため規模を縮小しての実施を予定しております。
発熱など体調が優れない場合は、次回以降のご参加をお願いいたします。

ご予約がいっぱいの場合は、お断りさせていただく場合もございます。
ご理解の程よろしくお願いいたします。

感染予防策といたしましては、
〇説明会の会場となる会議室は、窓を常時開放して換気を十分に行う
〇テーブルやペン等の備品の消毒はもちろんのこと、徹底した手指消毒
〇ソーシャルディスタンスを取り、参加者の間を十分にあける
〇スタッフはマスク着用のまま説明を行い、参加者の方がマスクをお持ちではない場合は1名様につき1枚マスクを配布 等
を徹底して行ってまいります。
安心してご参加ください。

当日は2F受付にお越しください。
受付後にセミナールームへご案内いたします。

当院入口にて検温を実施させていただいております。
ご協力の程よろしくお願いいたします。

インプラントなら東大宮のマスダ歯科医院へご相談ください。

12月予定表

こんにちは。
さいたま市 東大宮駅すぐの歯科者 マスダ歯科医院です。

日中は異例のあたたかい日が続いておりましたが、朝の冷え込みが少しづつ厳しくなってきて冬の訪れを感じますね。

インフルエンザの流行が続いております。空気が乾燥し昼間との寒暖差が大きいと体調を崩しやすいので、マスクや手指消毒等の感染症対策はもちろんのこと、水分補給を心がけてあたたかくしてお過ごしください。

さて、12月の診療予定のご案内です。
診療予定は当ホームページのフッター部分にあるGoogleカレンダーでもご覧いただけます。

年末年始の休診期間は12/27(水)~1/4(木)までとなっております。
12/26(火)は午前のみ診療いたします。午後は休診となりますので、お気をつけください。
新年は1/5(金)からの診療となります。

よろしくお願いいたします。

インプラント・矯正治療なら東大宮のマスダ歯科医院へご相談ください。

若手歯科医師向け「口腔外科インプラントセミナー」を開催いたしました

こんにちは。
さいたま市 東大宮駅すぐの歯医者 マスダ歯科医院です。

今回は2023年10月1日に開催した若手の歯科医師を対象とした口腔外科・インプラントセミナーについてご紹介いたします。
毎年行っている人気のセミナーで、今回は8名の先生が参加してくれました。
WEBの時代だからこそ、オンラインではないほぼ「マンツーマン リアル実習型」セミナーと題して指導医・専門医の歯科医師3名から、直接指導を受けることができる本セミナー。
講師はマスダ歯科医院の増田院長(日本口腔インプラント学会指導医・専門医、日本口腔外科学会認定医)、藁谷副院長(日本口腔インプラント学会専門医)、埼玉医科大学の中村先生(日本口腔外科学会専門医)の3名という豪華なメンバーでした。


増田院長からは、総論、インプラントの基本、手術のテクニック、注意事項などを講義


藁谷先生からは、縫合テクニック、若手の歯科医師への将来へのアドバイス、資格取得方法などの講義


中村先生からは、メスの使い方や全身疾患への対応などの講義


司会は株式会社ササキの小谷さんに担当していただきました。


切開・剥離・縫合は、口腔外科においては基本であり、無限にテクニックがあります。
マスダ歯科でも、最も大切にしている技術です。


インプラントの埋入実習は診療室で行いました。

少しでも、日常の臨床に役に立てていただけたら幸いです。
宿題もたくさん出しましたので、提出を楽しみにしています!

講師一同

インプラントなら東大宮のマスダ歯科医院へご相談ください。

インプラント治療の流れについて

こんにちは。さいたま市、東大宮駅すぐの歯医者、マスダ歯科医院です。

今回のブログのテーマはマスダ歯科医院が専門的に力を入れているインプラント治療の流れについてご紹介いたします。
※当院には日本の学会では最大規模の日本口腔インプラント学会の最高位の指導医や専門医、インプラント専門歯科衛生士が在籍しています。

インプラント治療とは歯を抜いた後や抜けてしまっている箇所にチタンでできた人工の歯根を埋入するものです。欠損した治療する方法の一つであり、噛む力を補ったり見た目や発音を改善することができます。
マスダ歯科医院では患者様のお口の中の状態を確認しインプラントを行う前に必要な治療がないかを確認します。また、インプラントを行えるかをCTという3次元的なレントゲンを撮ってから判断いたします。治療の前にカウンセリングを行って、患者様にとってインプラント治療が最適な治療方法であるか相談してから治療をはじめます。

一般的にインプラント治療の流れは以下のようになります。

1.初診・カウンセリング
まず、歯科医師との初診・カウンセリングを行います。口腔内検査(口腔内写真・レントゲン・歯周病検査)を行い、治療が必要な歯や予後不良歯がないか確認し治療計画の立案をします。その後、患者様に説明を行い同意が得られれば治療を開始していきます。インプラント治療を行う患者様に対してはCT撮影を行いインプラント埋入を行うのに必要な骨の状態も確認していきます。

2.手術
歯肉を切開し骨に穴をあけ人工歯根を埋入していきます。手術が終わればすぐに噛めるようになるわけではなくインプラントと骨が結合するのを待ちます。その間約2~6ヶ月かかるので定期的にメンテナンスしていきます。

3.印象採得
インプラントと骨の結合を確認できたら上部構造(被せ物)の型取りをしていきます。マスダ歯科医院ではシリコーン印象材を用いたオープントレー法で印象採得を行いますが患者様ひとりひとり口腔内の環境が違うため何度か型取りを行いオーダーメイドの装置を作ります。

4.上部構造(被せ物)のセット
製作してきた被せ物をセットしていきます。かみ合わせやきつさを見るのはもちろんですが色や形などを一緒に確認してきます。セット後はインプラントを長く持たせるためセルフケアのご指導をさせていただきます。その後、セルフケアだけでは行き届かないところを3~6ケ月のメンテナンスにてクリーニングしていきます。
なお、インプラント治療に関してはレントゲンを撮る頻度が他の治療に比べて多いです。安全に手術を行うため、また、インプラントを長期に持たせるため必要なことなのでご理解のほどよろしくお願いします。

以上が簡単ではありますがインプラント治療の流れです。ご自身の歯もそうですがインプラントも例外なく歯周病(インプラントの場合はインプラント周囲炎と呼ばれています)になります。ご自身の歯とは違い進行速度が速く早期発見早期治療が大切になってくるためマスダ歯科ではメンテナンスは必須と考えております。クリーニングに関しても患者様に最新の医療を提供できるように病院全体で取り組んでおります。最新機器であるEMS:AIR FLOW図1を5台導入致しました(世界で最も高価な予防機器と言われています)。また、他院からのインプラント紹介や他院で行ったインプラントについてもクリーニングを行っております。

インプラント治療についてもっと詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
https://www.masudashika-implant.net/

(歯科医師 藁谷)