MENU

情報発信ブログ|さいたま市の歯医者|マスダ歯科医院

情報発信ブログ |
インプラント ブログ | 歯を失った時どうするの?

歯を失った時どうするの?

さいたま市、東大宮駅すぐの歯医者、マスダ歯科医院です。

今回は歯を失った時に行う治療方法と特殊なインプラントについて説明させていただきます。

 

①ブリッジ、入れ歯、インプラントについて

う蝕、歯周病、破折によって歯を失った時、どのようにして人工のもので補っていくか。大きく分けて3つ選択肢があります。それは、ブリッジ、義歯、インプラントです。この3つの方法の説明、特徴の概要をお話しさせていただきます。

 

ブリッジ

ブリッジとは、欠損している歯の両隣在歯を削って繋がった被せ物を作ることによって歯を失ってしまっているスペースに人工歯を置くことができるものです。接着して口の中に固定するので取り外しができないものになっています。ほぼ天然の歯と同じように使うことができます。デメリットとしては、両隣在歯を削らないといけないので歯へのダメージがかかります。削るということは歯の表面のエナメル質という歯を守るかたい部分を削ることになるのでしみることもあります。また、ブリッジと歯肉の間の清掃性は悪いので、歯間ブラシなどでお掃除しないと虫歯になり寿命を短くしてしまうので注意です。

 

 

入れ歯

入れ歯とは、自分の歯に針金を引っ掛けることによって、欠損している歯のスペースに取り外し式の人工歯をつけるものです。ブリッジに比べると両隣在歯を削ることはほとんどないので歯へのダメージは少ないですが、針金を歯に引っ掛けるので負担はかかります。また、清掃性は入れ歯の方がいいとされていますが、歯がないところの両脇が虫歯になりやすいので丁寧にお掃除しないといけません。また、口の中にプラスチックを入れると異物感があるので、慣れるのに時間が掛かったり、上の入れ歯は舌の動きを阻害するので発音しずらいことがあります。また、3つの中で食べる時の噛む力は一番弱いと言われているのでもちもちしたものや硬いものなどは食べるのが難しくなります。

 

インプラント

インプラントとは、歯が欠損しているスペースの骨に人工の歯を埋め込む方法です。自分の歯のように独立して使え、欠損に対する3つの選択肢の中で最も自然の歯と同様に噛めるものと言われています。ほかの2つは両サイドの歯を大きく削ったり、負担をかける可能性がありますがインプラントは1つで独立しているので負担を減らせす。デメリットとしては保険診療が使えないことや外科処置を行うので体への負担がかかることがあります。

 

 

3つの方法の比較を下に示します。

ブリッジ 入れ歯 インプラント
取り外し できない できる できない
異物感 ない ある ない
清掃性 悪い 普通 普通
値段 保険or自費 保険or自費 自費のみ(高価)
侵襲性(手術) 低い 低い 高い
両側の歯に負担 あり あり ない
耐久年数 短い 短い 長い

 

インプラントの事をもっと知りたいという方は下のリンクからご覧ください。

↓  ↓  ↓

https://www.masudashika-implant.net/

 

(歯科医師)内田 真衣