口腔外科、スポーツ歯科、スポーツマウスピース(マウスガード)作製はさいたま市【マスダ歯科医院】

口腔外科・スポーツ歯科

マスダ歯科医院では日本口腔外科学会専修医・日本スポーツ歯科医学会認定医日本外傷歯学会認定医を中心としたスポーツマウスピース(マウスガード)の作製だけでなくスポーツ外傷治療、親知らずの抜歯、歯根嚢胞、粘液嚢胞、顎堤形成術などの口腔外科治療も行なっております。
口腔外科・スポーツ歯科

数々の学会発表・講演会・論文筆頭・共著に加えて、スポーツマウスピース(マウスガード)作成・スポーツ選手の外傷治療などの実績が認められ、難関試験のスポーツ歯科医学会認定医に合格。
埼玉医大総合医療センター 歯科口腔外科スポーツ外来 主任・学会認定MG施設責任者として、週1度大学にて指導にあたっています。

スポーツ歯科医学会認定医に合格/口腔外科助手として

口腔外科

歯牙脱臼(スポーツ外傷)

歯牙脱臼(スポーツ外傷)例

親知らず(水平埋状知歯)の抜歯例

親知らず(水平埋状知歯)の抜歯例

粘液嚢胞(唇や頬などにできる腫瘤)の手術例

粘液嚢胞(唇や頬などにできる腫瘤)の手術例

その他、歯根嚢胞(歯根の膿の袋)摘出手術・顎堤形成術骨隆起手術・舌小帯上唇小帯形成術・歯牙移植など様々な小手術を行っております。

※場合により大学病院に紹介することもあります。大学病院を希望される方は紹介状を書きますのでスタッフまでご相談ください。

スポーツ歯科・スポーツマウスピース(マウスガード)

オリンピック開催前年度特別企画!:スキー・スノーボード日本代表選手候補限定スポーツマウスピースを無料で作製いたします。

※2016年、2017年度FISワールドカップ出場選手 or 日本ランキング3位以内の選手限定

スポーツ歯科・スポーツマウスピース(マウスガード)

現地調整時の写真(長野県にて)

スポーツ時における外傷の予防の為に、現在では数多くのスポーツ選手がスポーツマウスピース(マウスガード)を使用しています。当院では、スポーツ歯科医学会認定医らによる口腔内管理やスポーツマウスピース(マウスガード)作製を行っております。

冬季オリンピックで入賞のモーグル選手などにもスポーツマウスピース(マウスガード)を作製しております。

オーダーメイドで個性的なデザインも作製が可能です。
世界で一つしかないスポーツマウスピース(マウスガード)が作製できます。

過去スポーツマウスピース(マウスガード)作製競技一覧(2015年現在)

スキー・スノーボード・野球・ソフトボール・格闘技・ラグビー・アメフト・サッカー・テニス・ハンドボール・バスケットボール・ラクロス・ウエイトリフティング・競輪

スポーツマウスピース(マウスガード)例1
スポーツマウスピース(マウスガード)例2
スポーツマウスピース(マウスガード)例3

スポーツ歯科医学会認定医のいる歯科医院として常に選手の目線で愛情を込めてスポーツマウスピース(マウスガード)を作製しています。

スポーツマウスピース(マウスガード)の特殊加工例

特殊加工例
例:フリースタイルスキー選手の指導者

指導中のスポーツマウスピース(マウスガード)装着が困難とのことでしたが、当院で作製したスポーツマウスピース(マウスガード)により、コーチング時でも使用可能となりました。

フリースタイルスキー選手の指導者

スポーツマウスピース(マウスガード)と競技のパフォーマンスに関しては不明な点も多いのですが、当院で作製したスポーツマウスピース(マウスガード)着用後から成績が向上したとの声を多く聞きます。
スポーツ歯科医学会認定医のいる歯科医院として、常に選手の目線で愛情を込めてスポーツマウスピース(マウスガード)を作製しています。
そのため完成まで時間がかかる場合がありますのでご理解の程お願いいたします。

スポーツマウスピース(マウスガード)のご案内

ご予約・お問い合せはこちらまで…TEL 0120-118-409 携帯・PHSは…TEL 048-686-0088

24時間オンライン初診予約
お問い合せフォーム