SCROLL

子どもの矯正

  1. TOP
  2. 子どもの矯正

お子様の場合、顎の成長が追い付かず、歯が生えるスペースがないことで歯並びが悪くなるケースもあります。小児矯正ではただ歯を動かすだけではなく、成長発育を利用して骨格を正しい状態に改善する治療を行います。​

お子様の矯正治療をはじめる時期

乳歯列期→[6歳頃]第1段階:混合歯列期(乳歯と永久歯)・・・子供の矯正治療の時期→[12歳頃]第2段階:永久歯列期・・・永久歯の矯正治療の時期

治療をスタートする時期は、元の歯並びの状態や年齢によって治療期間が異なります。​
例えば反対咬合など顎の前後的なズレなどを矯正する場合、3歳頃から行った方が良い場合もあります。
お子様のお口の状態に合った治療内容をご提案いたしますので、気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

当院で行う小児矯正​

床矯正抜歯しない・痛みの少ないお子様向けの矯正法

床矯正装置

床矯正(しょうきょうせい)は、入れ歯のような取り外し可能な装置を装着し、ゆっくりと顎を広げて歯が生えそろうスペースを確保し、歯並びを整える矯正法です。​
床装置にはネジがついており、そのネジを回して顎を広げていきます。基本的に抜歯はせず、症状に応じて装置を製作します。​

メリット

歯を抜かない
歯の土台を拡大させるため、歯を抜かずに矯正することができます。
痛みが少ない
痛みはほとんどありません。
むし歯になりにくい
取り外し可能なため、普段通り歯磨きをすることができます。
食事や音楽・体育の時間は取り外せる
長時間の装着が必要ですが、日常生活で不便を感じることは少ないです。

デメリット

  • 取り外し可能な装置であるため、本人の意思とご家族の協力が必要
  • 1日14時間以上装着しなくてはいけない
  • 決まった日時にネジを回す必要があり、回し忘れると治療期間が延びてしまう

治療の流れ​

カウンセリング・精密検査​​

​お悩みやご要望をしっかりお伺いし、レントゲン撮影、写真撮影などによって精密検査を行っていきます。気になることがございましたら、どんな小さなことでもお話しください。​

治療計画の説明・型取り​​

検査結果をもとに現在のお口の状況や、その治療法によるメリット、デメリット、治療内容と費用、来院期間などを丁寧にご説明いたします。​
併せて型取りも行います。​

矯正装置の製作・装着

お子様お一人おひとりに合わせた矯正装置を製作いたします。
製作した矯正装置を装着し、治療を進めていきます。​

筋機能矯正お子様向けのマウスピース型矯正装置​

マウスピース型矯正装置

取り外し式の小児向けマウスピース型矯正装置を用いて、お口周りの筋機能を改善する治療法です。​
あごの骨が柔らかい小児期に装着することで、「歯を抜かず」矯正することができます。​
筋機能を改善することで、理想的な咬合状態に誘導します。​
また、口呼吸の改善にも効果がある治療方法です。​

メリット

ほとんど痛みがない​
固定式の矯正に比べて痛みや違和感が少なく、お子様への負担も軽減されます。
取り外しができる
取り外し可能な装置のため、歯磨きもいつも通り行えます。
装着時間が短い
就寝時と日中1~2時間の装着となります。学校にいる間は外すことができます。
後戻りが少ない​
筋機能の改善にアプローチするため、他の矯正方法に比べて「後戻り」の可能性が低いです。​

デメリット

  • 取り外し可能な装置であるため、お子様の「がんばる気持ち」とご家族の協力が必要
  • 症例によっては適用できない場合もある​

当院で扱う矯正装置​

マイオブレイス
お子様が本来持っている成長する力を利用して、お口周りの筋肉バランス整えることで歯並びを改善していきます。
口呼吸や嚥下機能、発音の改善にも効果があります。​
プレオルソ
小児(10歳頃まで)の骨の柔らかい時期に始めることで効果が出やすい矯正方法です。
歯並びだけでなく、咬み合わせやお口ぽかんの改善、口呼吸の改善、舌のトレーニングなどに効果があります。​
T4K・T4A
混合歯列期における咬み合わせの早期治療に適している矯正装置です。​
6~12歳はT4K、12~15歳はT4Aを用いて、年齢に合わせて効果的に治療を行っていきます。

当院で扱う矯正装置​

カウンセリング・精密検査​​

​​お悩みやご要望をしっかりお伺いし、レントゲン撮影、写真撮影などによって精密検査を行っていきます。

治療計画の説明・型取り​​

検査結果をもとに現在のお口の状況や、その治療法によるメリット、デメリット、治療内容と費用、来院期間などを丁寧にご説明いたします。​
併せて型取りも行います。​

矯正治療開始

矯正装置を装着し、治療を進めていきます。​

ワイヤー矯正幅広い症例に対応可能

ワイヤー矯正装置

ワイヤー矯正は、歯にブラケットと呼ばれる四角い小さな装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かしていく、矯正の中では最もよく知られている矯正法です。​審美性において気になる点もありますが、様々な症例に対応可能で、思った通りに歯を動かせるメリットがあります。​

メリット

一般的な治療​
オーソドックスな治療で、よく行われる矯正法です。
幅広い症例に対応
一本一本の歯を動かせるため、幅広い症例に対応可能です。

デメリット

  • 金属製の矯正装置を取り付けるため、見た目が気になる
  • 慣れるまで口腔内に違和感がある
  • 歯磨きがしづらく、注意深く歯のケアを行う必要がある

治療の流れ

カウンセリング・精密検査​​

お悩みやご要望をしっかりお伺いし、レントゲン撮影、写真撮影などによって精密検査を行っていきます。​
気になることがございましたら、どんな小さなことでもお話しください。​

治療計画の説明​​

検査結果をもとに現在のお口の状況や、その治療法によるメリット、デメリット、治療内容とご費用・来院期間などを丁寧にご説明いたします。

矯正治療開始

矯正装置を装着し、治療を進めていきます。​

保定期間

保定期間​後戻りを防ぐために保定装置を装着してしっかりと固定を行います。​

インビザラインマウスピース型カスタムメイド矯正装置
※薬機法対象外の治療機器です。

invisalign first

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)は、オーダーメイドで製作する透明なマウスピースを用いた治療方法です。​装着していても気づかれることはほとんどありません。​
成人だけではなく、混合歯列期(平均6~12歳相当)のお子様にも対応可能です。

料金表​

第1段階
(床矯正・機能矯正・部分ワイヤー矯正)​
4万4千円~33万円(税込)
第2段階
(部分/全顎ワイヤー矯正・マウスピース型矯正装置)
27万5千円~110万円(税込)

※すべて管理料込​​​