SCROLL

大人の矯正

  1. TOP
  2. 大人の矯正

マウスピース型矯正装置を検討されている方へ(院長メッセージ)

マスダ歯科医院 院長 増田一生 マウスピース型矯正装置は、目立たちにくく周りに気づかれにくいこと、患者様へのご負担が少ないことなど、とても有用な治療法です。
当院でも「歯並びは気になっていたけれど、見た目の問題などで今一歩踏み出せなかった方」も多くご来院され、マウスピース型矯正を一つの選択肢としてご提案しております。 マウスピース型矯正装置は、とても有用な治療法でありながら、歯科医師としての技術・経験と緻密なプランニングも当然必要となってきます。 またご自身で着脱可能なため患者様のご協力が必須となります。
当院は約40年間にわたり歯科治療、矯正治療を行ってきましたが、日進月歩の医療の世界の中で、今現在でもなお海外での発表活動や新しい臨床を絶えまなく日々研究しております。勿論マウスピース型矯正装置についても、研究を積んできております。
また技術を生かすためには設備環境も重要になってくるのですが、スキャンして高精細に歯型を取ることのできる口腔内スキャナーiTeroエレメントも導入し、より精密なマウスピース作成を実現できる体制を整えております。
いざ始めたいと思っても不安な事や心配なことが多くあると思います。
そういった不安やお気持ちに寄り添い、治療法のメリットデメリットを分かりやすくお伝えし、そういったご不安を解消したうえで矯正治療を進めていきますのでご安心ください。
綺麗な歯並びと健康なお口づくりを通じて、あなたらしい笑顔創造のお手伝いが出来ればと考えております。
目立たない矯正治療をご希望の方は、当院までご相談ください。

マスダ歯科医院 院長 増田 一生

矯正治療は、歯並びを美しく整え、歯の機能を改善する治療方法です。年齢制限などもなく、大人になってから矯正治療を始める方も増えています。​
歯並びにコンプレックスを感じている方などぜひ、ご相談ください。

当院で行う成人矯正

ワイヤー矯正幅広い症例に対応可能

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯にブラケットと呼ばれる四角い小さな装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かしていく、矯正の中では最もよく知られている矯正法です。​
審美性において気になる点もありますが、様々な症例に対応可能で、思った通りに歯を動かせるメリットがあります。​

メリット

一般的な治療
オーソドックスな治療で、よく行われる矯正法です。
幅広い症例に対応
一本一本の歯を動かせるため、幅広い症例に対応可能です。

デメリット

  • 金属製の矯正装置を取り付けるため、見た目が気になる
  • 慣れるまでは口腔内に違和感がある
  • 歯磨きがしづらく、注意深く歯のケアを行う必要がある

治療の流れ

ご相談・カウンセリング​​

​お悩みやご要望をしっかりお伺いし、レントゲン撮影、写真撮影などによって精密検査を行っていきます。気になることがございましたら、どんな小さなことでもお話しください。​

治療計画の説明

検査結果をもとに現在のお口の状況や、その治療法によるメリット、デメリット、治療内容と費用、来院期間などを丁寧にご説明いたします。

矯正治療開始

矯正装置を装着し、治療を進めていきます。​

保定期間

​後戻りを防ぐために保定装置を装着してしっかりと固定を行います。

インビザラインマウスピース型カスタムメイド矯正装置
※薬機法対象外の治療機器です。

invisalign

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)は、世界でも多く使用されているマウスピースを用いた矯正方法です。​
オーダーメイドで製作する透明なマウスピースは、装着していても気づかれることはほとんどありません。​
従来のワイヤー矯正(表側矯正)のように見た目を気にする必要がないため、いつでも笑顔を見せることができ、金属アレルギーのある方にもおすすめの治療方法です。​

インビザラインはこのような方におすすめです

  • ワイヤーでの矯正治療に抵抗感がある
  • 矯正治療しているのを気付かれたくない​
  • 負担の少ない矯正治療を受けたい
  • できるだけ来院回数を減らしたい
  • 就活に合わせて目立たない装置で治療を受けたい

当院では口腔内スキャナー(iTero)を導入しています

iTero

スキャンによる型取りを行うため、従来必要とされている印象材を用いた型取りの必要もなくなり、患者様の負担を軽減するだけではなく、正確な歯並びの情報を撮影し、デジタル上での矯正の設計も可能です。​

インビザラインの特徴

透明で目立ちにくい

矯正治療をしていることは、周囲にほとんど気づかれません。

違和感が少ない

ブラケットのような異物感が少なく、不快感が軽減された装置です。

食事や歯磨きの時は​取り外せる​

簡単に取り外しが可能で、普段通り歯磨きもでき、衛生的です。

幅広い症例に対応​

治療前にコンピュータによる3Dシミュレーションを行うことで、より確実な治療が可能になり、幅広い治療に対応することができます。​

通院回数が少ない

初回の歯型取りで全てのマウスピースを製作します。​

インビザライン装着時の注意点​

  • 1日20時間以上装着しなくてはいけない
  • 初回の歯型取りで全てのマウスピースを製作するため、むし歯治療等により歯の形が変わった場合は、マウスピースを再製作する必要がある​

※通常大きなむし歯治療等は、矯正開始前に行います。

治療の流れ​

カウンセリング・精密検査
治療計画の説明・型取り
マウスピースの製作
矯正治療開始

Q&A

マウスピースをはめるだけで、本当に歯が動くのですか?​
インビザラインは世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに520万人を超える患者様が治療を受けられている治療法のため、ご安心ください。(2018年1月現在)
少しでも歯並びにお悩みのある方はお気軽にご相談ください。
歯並びによっては、インビザラインで治療できないこともありますか?
インビザラインによる治療の進歩に伴い、インビザラインでは治療ができない症状は限られていますが、外科手術を併用する矯正治療などは制度上、現状では治療を行うことができません。​
治療期間は長めですか?​
治療期間は歯科医師の治療方針や治療計画、患者様の症状によって異なりますが、ワイヤー矯正装置も、マウスピース矯正装置も治療期間はほとんど変わりありません。
抜歯をしなければなりませんか?
矯正治療において歯を抜く必要があるかどうかは、治療方法ではなくどのように歯を並べる必要があるかで決まるため、インビザラインだと抜歯する必要がないということはありません。
治療期間中に痛みはありませんか?
痛みの感覚には個人差がありますが、マウスピースは従来の矯正装置のようにブラケットやワイヤーを使用しないため、不快感が少ないと言われています。

アソアライナーマウスピース型カスタムメイド矯正装置

アソアライナー

アソアライナーは、国内で専門の技工士が製作する透明なマウスピース型の矯正装置です。​
3種類の厚みが異なるマウスピースを段階的に使用し、歯を動かしていきます。
約1ヶ月毎に歯型を取るため、矯正治療中のむし歯治療等も可能です。金属を使用しないマウスピース矯正は、見た目も気にならず、口腔内を傷つけることもありません。

アソアライナーの特徴

見た目が気にならない

見た目が気にならず、矯正していることも気づかれにくいです。​

痛みや違和感が少ない​​

ブラケットのような異物感が少なく、痛みはほとんどありません。​

簡単に取り外せる​​

食事や歯磨きのときは簡単に取り外せるので、口腔内を清潔に保てます。​

安心の日本製​

アソアライナーは日本で製作されているため、マウスピース製作期間が短いのが特徴です。​

部分矯正治療に向いている​

目立ちやすい前歯等の部分矯正に向いています。​​

アソアライナーの注意点​

  • インビザラインに比べると、適応症例が限られている​
  • インビザライン、トランスクリアに比べ、歯型取りの回数が多い​​

治療の流れ​

カウンセリング・精密検査
治療計画の説明・型取り
アソアライナーの製作
矯正治療開始

1か月ごとに製作と装着を繰り返します。

トランスクリア

トランスクリア

トランスクリアは、透明なマウスピースを使用する歯列矯正で、専用のコンピューターソフトで歯の動きをシミュレーションし、おおよその治療期間を予測することができます。ソフトとハードの2種類のマウスピースで1セットとなり、各セットを一定期間取り替えていくことで、少しずつ歯を動かしていきます。
成人だけではなく、混合歯列期(平均6~12歳相当)のお子様にも対応可能です。

トランスクリアの特徴

目立ちにくい​

透明なマウスピースは、矯正していることを気づかれにくいです。​​

痛みや異物感が少ない​​​

​ブラケットに比べ、痛みや異物感はほとんどありません。​

ストレスが少ない​​​

取り外しが簡単で、食事や歯磨きも普段通り。ストレスなく過ごせます。​​

治療期間を予測できる​​

3Dデジタル・シミュレーションで治療計画を立てることができます。​​​

軽度な歯並びの​
矯正治療に向いている​​​

前歯のデコボコや隙間の矯正に向いています。​​​

トランスクリアの注意点​

適応症例が軽度のものかつ前歯の治療に限定されるため、 治療が難しい症例もこざいます。​
詳しくは担当歯科医師までお尋ねください。

トランスクリアで治療可能な症例

トランスクリアに適さない症例​

  • 歯の移動量が多い​
  • 奥歯の移動​
  • あごが曲がっている​
  • 咬み合わせが深い​
  • 前歯が噛んでいない​
  • 抜歯が必要​​

治療の流れ​

カウンセリング・精密検査

治療計画の説明

型取り・スキャンデータ作成

トランスクリア製作

矯正治療開始

当院では口腔内スキャナーを導入しています​

クリンチェックプロ

当院では口腔内スキャナー「iTero」を導入し、矯正治療の設計に用いております。​この機械により従来必要とされている印象材を使用した型取りの必要もなくなり、患者様の負担の軽減だけでなく、正確な歯並びの情報を撮影することで、デジタル上での矯正の設計も可能となります。

口腔内スキャナーを用いた治療の流れ

​口腔内スキャナーを口の中に入れて、撮影を開始します。​画面を確認しながら撮影します。​

撮影後、咬み合わせなどの確認をします。​
その場である程度の歯並びの移動、設計も可能です。

口腔内スキャナーによって作成した画像をもとに、海外のオペレーターに矯正装置の設計の指示をします。​
精密に設計するため、1ヶ月程度かかります。

設計が終了してから約10日間で当院に届きます。
到着後、患者様のお口にセットし、治療を開始します。

料金表

部分/全顎ワイヤー矯正・マウスピース型矯正装置 27万5千円~110万円(税込)
インビザライン 77万円~110万円(税込)

※すべて管理料込