クリーニング PMTC が評判のさいたま市歯医者、【マスダ歯科医院】です。

クリーニング・歯周病治療

マスダ歯科医院では「自分の歯が一番よい」をモットーに専門教育を受けたスタッフがクリーニングを行いむし歯や歯周病を効果的に予防します。

当院のクリーニングの流れ

step1
基本検査・歯周病基本検査

レントゲン検査、歯のかたどり、口腔内写真、歯周病検査を行い、歯周病の進行状況や歯の揺れ、出血の有無、排膿の状態を確認します。

基本検査・歯周病基本検査
※患者様により資料取りの内容は異なります。
step2
TBI

TBITBI(トゥース・ブラッシング・インストラクション)とは、歯科衛生士による歯みがき指導です。正しい方法による歯みがきは、磨き残しによる虫歯を防ぐだけでなく、歯周病の予防にも絶大な効果を発揮します。

step3
スケーリング

スケーリングスケーラーという器具を使用し、歯面に沈着した プラーク、歯石、そのほかの歯面沈着物を機械的に除去すること。ここでは基本的に歯肉より上(見えているところ)を掃除します。一般的に言われる定期健診のお掃除やクリーニングとはスケーリングのことを意味します。

step4
SRP

SRP細長い歯科専門の器具を使い歯根の部分に隠れて付着している歯垢や歯石を取り除きます。処置は歯肉の中に器具を入れて行うものなので麻酔をすることもあります。 歯肉の下(見えないところ)を主に掃除します。来院回数は6回程度です。

クリーニングによる歯周病治療の効果と注意事項

<効果>
  • 歯周病の進行を止めることが期待できる
  • 口臭・歯の揺れ・歯肉からの出血・腫脹の改善

<注意事項>
クリーニング後の歯肉の状態
  • 歯肉が本来あるべき位置まで下がるため、知覚過敏や物がつまりやすくなることがある
  • 一時的に歯が揺れたりする場合がある
  • 治療期間が長い
  • 歯周病の進行によっては、治療を行っても改善しない場合もある

中等~重度歯周炎の場合の当院の対応

中等~重度歯周炎とは

中等度歯周炎とは、広義の意味で歯槽骨吸収が歯根の長さの1/3以上~2/3以下、歯周ポケットの深さが4~6mm程度のものです。重度歯周炎とは、さらに症状が進み、歯槽骨吸収が歯根の長さの1/2以上、歯周ポケットの深さが7mm以上のことを言います。

中等~重度歯周炎とは

中等~重度歯周炎では、完全に歯石を取り除くことは不可能

歯石の状態

残念ながら・・・
4㎜以上の歯周ポケットがある中等~重度歯周炎の場合、どんなに優秀な歯科医師・衛生士が処置をしても、歯石を完全には取り除けないことがわかってきました。

中等~重度歯周炎では、完全に歯石を取り除くことは不可能

中等~重度歯周炎の治療方法と対策

歯石を完全には取り除けない中等~重度歯周炎の場合、マスダ歯科医院では、患者様のご希望と症状を考慮しながら以下の治療方法と対策を取っていきます。

SRP終了後
↓
SRP終了後 妥協的にメインテナンスし延命
歯周外科(歯肉の中を見ながら歯石除去)
特殊な機材・技術を用いた歯周病の治療

ご予約・お問い合せはこちらまで…TEL 0120-118-409 携帯・PHSは…TEL 048-686-0088

24時間オンライン初診予約
お問い合せフォーム